2018年12月 1日 (土)

運がよくなる方法

運がよくなる方法はなにがあっても「私は運がいい」と思うことだそうです。


ユニクロでジーンズを買ったけどウエストのサイズを間違えてしまいました。
まあ、仕方がないかと再度買いに行きました。
移動は自転車です。

裾上げの時間が30分くらいあったので近くの神社に行くことにしました。
途中、自転車の前輪に違和感があり確認すると画びょうが刺さっていてパンク。
「神社にお参りに行く途中でパンクするとはなあ」と思ったけど仕方がありません。

神社に行くのは中止。ユニクロでジーンズを受け取り自転車屋へ。
パンク修理の時間に買い物。マンガ(火の鳥)や服を買いました。


ここまでの心境。

サイズを間違えて買ったのは仕方がないけどユニクロが近くにあってよかった。
パンクをしたのは仕方ががないけど近くに自転車屋があってよかった。
パンクしたのが通勤時でなくてよかった。
自転車購入時に保険セットに入っていて修理費が半額でよかった。
予定になかった服や漫画を買えてよかった。

となります。

自然とこういう考えが浮かんできます。



昔ならば

サイズを間違えて買い替えねばならず損をした。
たまたま画びょうが刺さってパンクをするなんて運が悪い。
しかも神社に行く途中なのはありえない。
余計なお金を使ったので買い物をしない。

となっていました。


何かあったときにいいところを探していいように解釈すること。
「運がいい」と考える習慣はついてきました。



家に戻ってジーンズを確認すると裾上げの長さが間違っていました。

・・・。

さすがに「なんだかなあ」と思います。


もう一度ユニクロへ。

これをどうやっていい風に解釈しようか、
そもそも裾上げをやり直してくれるのかなと考えていました。

店側のミスは仕方がないとはいえ少しは腹がたつわけです。
時間を使うし、めんどくさいですし。


で、店員に事情を話すと丁重に「すみませんでした」と謝罪されて
再度裾上げをしてもらうことになりました。

待っている時間(今度は10分くらい)にニトリへ行き布団を買い替えようと思いました。



店員が素直に謝る姿を見たらこちらの不満や怒り(というほどでもないですが)は、
すぐにおさまりました。

介護の仕事をしていると利用者の家族に謝罪しなければいけない場面は割と多いです。
事故や転倒、物がなくなった、こわれたということはコンスタントにあります。
利用者によっては防ぎにくいこともあります。

こちらにも事情や言い分があったとしても、とにかく素直に謝ったほうがいい。
いままではそうでなかったかも。
これからは、まずは素直に謝ることにしよう。



この時の心境。

仕事上で有益なことを知った。
布団を買い替えるきっかけになった。

裾上げのミスがあったときは「これはさすがに怒って運が悪いかな」と思ったけど、
運がいいことは探せばあるもんですね。


ネットで調べたらユニクロは購入して三か月以内は無条件で返品できるとか。
裾上げ後でもOKみたいです。
これも知りませんでした。



今回、運がよかったと感じたことは、

近くに店が多く便利なところに住んでいることを再確認。
パンクせずに自転車の乗ることができることは運がいい。
マンガ、服、布団を買うことができた。
若い店員から謝り方を教わった。多分、仕事で応用ができる。


もし、最初のジーンズ購入でサイズを間違っていなければ、
今回のことはなにもありませんでした。


なんでも運がいいと考えることは、
楽に幸せに生きていくうえでかなり使える方法だと思います。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

2018年11月29日 (木)

武田神社 武田氏館

石和温泉駅から甲府駅へ移動。
駅からバスに乗り8分ほど。


Simg_2592
武田神社。いうまでもなく御祭神は武田晴信(信玄)。

Simg_2594 Simg_2597
拝殿で参拝。

Simg_2609
本殿。

Simg_2602 Simg_2603
紅葉がめちゃくちゃきれいでした。



武田神社は日本100名城の武田氏館(躑躅ヶ崎館)の中にあります。
躑躅ヶ崎(つつじがさき)。難しい字ですな。

武田神社宝物殿にも入りました。300円。
孫子の旗(風林火山)とか毘沙門天の旗がありました。


お城めぐりとして散策。


Simg_2601 Simg_2604 Simg_2606
こういうところは城を感じる。

Simg_2608 Simg_2607
堀は中世という感じがします。長篠城と山中城と似た感じ。紅葉もきれい。

Simg_2610 Simg_2612
水堀。


見どころが多かった。


武田神社の御祭神が武田信玄というところに衝撃。
二礼二拍手一礼とあったから普通の神社と同じ扱いなんだなと。

東照宮の家康、天満宮の菅原道真と同じことなんだけど、
ゆえに天照大御神や大国主神も人だったのかなと思った。

伊勢神宮では神様に参拝しているという気になるけど、
武田神社では武田信玄という個人に参拝しているという気になる。

けど、天照大御神も人だったのかなと思ったわけ。


日本神話の神だから想像上の人物という印象が強かった。
天照大御神は太陽を神格化した神らしいけど、
想像や脚色がされているとはいえもとは人間だったということでいいのかな。

モデルとなる誰かがいたのか神話のなかの人物なのかということなんだけど、
この流れだと神様になるのは実在した人が基本のように思える。


私の中で衝撃だったのだけどうまく言葉にできない。


スピリチュアル的に言うと、
「神=宇宙=自然=人(個人も含めて)」と全て一つになるから矛盾はないように思える。

まあ、いいか。



甲府城にも行くつもりだったけど時間切れ。
今度はゆっくりと山梨を旅行したいです。

帰りはちょっと乗り鉄の気分になり「ワイドビューふじかわ」に乗って帰宅しました。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

2018年11月28日 (水)

甲斐国一之宮 浅間神社

ワイドビューしなので塩尻へ。あずさに乗り換え石和(いさわ)温泉駅へ。

甲斐国一之宮 浅間(あさま)神社。

御祭神は木花開耶姫命 (このはなさくやひめのみこと)。
大山祇神(おおやまつみのかみ)の娘。
天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の妃。
火照命(ほでりのみこと)
彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
火明命(ほのあかりのみこと)の母。
富士山の神。


山梨に来たのは初めてです。
石和温泉駅のレンタサイクルで電動アシスト自転車を借りました。
時間がなかったので急ぎました。


Simg_2545
笛吹(ふえふき)川。「うすいがわ」だと思っていた。水は少なかった。

Simg_2547
富士山(多分)。山梨側から見たのは初めて。


車も人も少なく自転車の移動はしやすかったけど、
少し道に迷って駅から45分くらいで到着。


Simg_2549
鳥居。

Simg_2554
もう一つ鳥居。

Simg_2556
清め砂。

Simg_2559
祓門。くぐって干支のところで参拝。

Simg_2561 Simg_2563
稲荷神社。奉納すると鳥居が増えるみたい。
そういえば稲荷神社で鳥居がたくさんあるのをみたことがあるね。

Simg_2564
妙なものもあった。

Simg_2569
神明社。御祭神は天照大御神。有名。参拝。

Simg_2571
真貞社。参拝。

Simg_2572
こういう賽銭箱を初めて見た。

Simg_2574
七社。七つのうち道祖神にだけ参拝。

Simg_2575 Simg_2576 Simg_2579
護国社。参拝。砲弾があったけど本物かレプリカかわからず。

Simg_2580
一之宮には合わない気がする。

Simg_2588
随身門。

Simg_2552 Simg_2585
拝殿で参拝。

Simg_2565
本殿。


山梨まで来たのかと感慨深い。
七五三で来ている家族を見てほのぼのとしました。

割と現代風によせた神社だなという感想。


Simg_2591
街にもやがかかっていて幻想的。
この辺ではよくあることなんですかね。

帰りは緩やかな下り坂だった。
行きは坂をのぼってきてたのを気がつかなかった。電動アシスト自転車のおかげ。
駅まで帰りは30分。事前の調べでは6.9㎞。
電動アシスト自転車でも思ったより時間がかかった。


交通の便がよくなく駅から徒歩の予定だったけど自転車を借りてよかった。
自転車で急いだことが記憶に残りそう。


もっとゆとりのある旅行をしたいと思っているけどいつもだめですね。

  
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

2018年11月22日 (木)

お遍路が気になったけど

徳島駅から板東駅へ。

一之宮の大麻比古神社が目当てなんですが、
四国八十八ヶ所霊場めぐりの第一番礼所の霊山寺(りょうぜんじ)が近くにあります。
事前には気がつきませんでした。


Simg_2521
道路に緑の線があったな。

大麻比古神社の帰りによりました。


Simg_2516 Simg_2517
霊山寺。

Simg_2518
多宝塔。よかった。

Simg_2519 Simg_2520
参拝。


第一番礼所だからお遍路をここから始める人も多いのですかね。
菅笠と白衣を来ている人を何人か見かけました。
外国の人もいましたね。

お遍路をする人は訳ありの人や世の中に疲れた人というイメージがありますね。


調べたらけっこう決まり事が多いみたいです。
煩悩を捨てるとか願いをかなえるというのは私のスピリチュアル観と異なります。


ただ、人のやさしさを再確認するという意味ならばやってみたい気もします。


まあ、心のかたすみに置いておきたいと思います。


四国は二度目ですがアンパンマン列車と山の中を電車で移動した印象が強いです。

車窓から見た田んぼと山の風景も記憶に残りました。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

2018年11月21日 (水)

四国で一泊。

連休がとれたので天気がよかった四国へ。
一之宮が目当てなので高知→徳島→香川と計画を立てて徳島で一泊しました。


今回は一之宮以外の記事です。

土佐神社の近く。

Simg_2448 Simg_2449
四国霊場30番札所の善徳寺。時間がなかったので見ただけ。

直前にNHKでお遍路の特集をやっていたので気になりました。

いったん高知駅にもどり特急南風に乗り阿波池田駅へ。
やまびこ打線の池田高校が近くですね。

1982年に優勝でしたが決勝の広島商業戦は市民プールのラジオで聞いていました。
次の年のPLの清原・桑田との対戦も覚えています。

阿波池田駅で普通に乗り換えて徳島駅へ。
車内には通学帰りの高校生がいました。


高校時代にいい記憶はないので感傷的な気分に。
もし、今の状態で高校生に戻ったとしてもうまくやることはできないですね。
会話を聞いているとそう思います。
10代って乱暴で自分勝手な人が多いのは変わらんと思います。(多分)

おそらく、そう感じるのは私個人の資質の問題だと思います。
人付き合いが苦手なのはどーにもならないですし。

他人への恐怖心、不信感というのは(おおげさかもしれませんが)、
大人になっても消えることはありません。

一応、社会人として働いているから少しはましになった気もしますが、
マイナス100がマイナス30くらいまで回復したかなという感じですかね。

一人旅ばかりで気楽なんですが寂しさを感じる時もあります。


徳島駅にもどり一泊。

なんとなく気をつかうからたいていは日帰りなんですが、
先日の新幹線遅延による新大阪放浪がなんか悔しくて一泊することに。
5年ぶりくらい。

和風の宿にしました。朝食がついて7000円くらい。

Simg_2452
畳の部屋は落ち着くのう。

大浴場も一人で貸し切り状態で気持ちがよかった。
ローカルテレビを見て酒を飲んでぼんやりすごすのが心地よかった。


翌朝、朝食を食べたけど普通の和食がおいしかった。


知らない土地で一泊するのも気分転換になります。
和室がいいなやっぱり。


今まで旅行は天候を優先していたけど、
これからは連休ならばどこかに一泊というのもありかなと思いました。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

2018年11月20日 (火)

徳島城

徳島駅から歩いて10分くらい。

蜂須賀家政(蜂須賀正勝の子)が築城。日本100名城ですね。


Simg_2455
城の中へ。

Simg_2456 Simg_2457
石垣。緑がかっていて独特。

Simg_2459
城山の貝塚。海から近いからね。

Simg_2460
山登り開始。

Simg_2461
東二の丸跡。


山登りはしんどいかなと思っていたけど5分ほどで天守へ。


Simg_2463
天守跡。朝日がきれい。広かった。

Simg_2467
弓櫓跡。

Simg_2469
清玄坊神社。蜂須賀家が先住のお坊さんを騙し討ちしたとか。

Simg_2471
多分見えたのは眉山(びざん)。早朝でロープウェイには乗れず眺めただけ。

Simg_2474 Simg_2475
おそらく吉野川。ええ景色。その向こうは海かも。



山頂より下山。


Simg_2477
苔むした石垣。

途中、ウオーキングしている住民たちとすれ違う。

Simg_2478 Simg_2479
助任(すけとう)川。きれいな川でした。川の近くに住みたいです。


早朝でだったけど地元の人たちが散歩やランニングをしていました。
高齢の人もいていい運動になるみたいです。


天守がない城もなかなかいいもんです。

緑の石垣が印象に残りました。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

2018年11月19日 (月)

讃岐国一之宮 田村神社

板東駅から栗林駅へ。琴電の乗り換えて栗林公園駅から一宮駅へ。

讃岐国一之宮 田村神社。

御祭神は
倭迹迹日百襲姫命 (やまとととひももそひめのみこと)
五十狭芹彦命 (いさせりひこのみこと) 別名を吉備津彦命(きびつひこのみこと)。
猿田彦大神 (さるたひこのおおかみ)
天隠山命 (あめのかぐやまのみこと)別名を高倉下命(たかくらじのみこと)。
天五田根命 (あめのいたねのみこと) - 別名を天村雲命(あめのむらくものみこと)。

五柱で「田村大神」と総称。


Simg_2522
鳥居。

Simg_2524
拝殿で参拝。

摂末社がたくさんあって、

Simg_2527
宇都伎社。参拝。

Simg_2528
宮嶋社。参拝。

Simg_2531
素婆倶羅社。参拝。

Simg_2532
伊勢神宮遥拝殿。参拝。

Simg_2534
一宮天満宮。参拝。

Simg_2536
本殿。古くなっていますな。

Simg_2537 Simg_2539
戦没者の碑とかあったので参拝。


他にもいろいろあったのですが・・・。


Simg_2529
弁財天。

Simg_2540
八咫烏。

Simg_2542
・・・。

Simg_2543
・・・。


事前の情報で何でもありの神社であまりいい印象を持っていなかった。
先入観はよくないけど一之宮としては異質。


私の心を見透かすかのように空がどんどん曇ってきた。
やっぱり天候と精神状態はリンクしているのかなと思ったり。


色々集めてにぎやかにした神社という印象。

一之宮でもこういうところがあるのかと衝撃。
本殿と拝殿だけで十分だと思うけど何らかの事情があったのですかね。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

2018年11月18日 (日)

阿波国一之宮 大麻比古神社

徳島駅から板東駅へ移動。
駅から速足で15分くらい。

阿波国一之宮 大麻比古(おおあさひこ)神社。
御祭神は
大麻比古大神 ・・・天太玉命(あめのふとだまのみ)。初耳。
猿田彦大神 。

大麻比古神の孫の天富命がこの地を開拓、麻布木綿を生産して殖産興業。
そういえば前日の徳島のケーブルテレビで、
ある土地で麻の服を天皇家に献上していたというのをやっていましたね。


Simg_2480
大鳥居。でかかった。

Simg_2515
鳥居。

Simg_2484
御神木。参拝。ごっついな。

Simg_2490
豊受社。参拝。

Simg_2492
山神社。参拝。

Simg_2494
中宮社。参拝。御祭神が不詳。式年遷宮の木材を使用しているとか。

Simg_2498
奥宮。峯(みね)神社遥拝所。参拝。

Simg_2504
丸山社。参拝。

Simg_2508 Simg_2505
丸山稲荷社。参拝。稲荷神社ではたくさんの赤鳥居がセットなんですかね。


ここでも多くの摂末社を参拝できました。


この辺りは第一次世界大戦後にドイツ軍の捕虜収容所があり、
その流れでドイツとの交流があった土地とのこと。

Simg_2496
めがね橋。

Simg_2500 Simg_2509
ドイツ橋。石の積み方がドイツ的な感じがする。

Simg_2510 Simg_2513
本殿。立派ですな。


Simg_2481 Simg_2482
この日も青空。気分がいい。


その日の天候も神社の印象に左右されるかも。
青空だと歓迎されている気がします。


自然の中にあって穏やかないい神社でした。
麻という自然の恵みへの感謝を祀ってあるので
穏やかな印象を受けたのかもしれません。

素晴らしい神社でした。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

2018年11月17日 (土)

土佐国一之宮 土佐神社

岡山駅まで新幹線。特急で後免駅。
乗り換えて土佐一宮駅。一宮は「いっく」と読むのね。

土佐国一之宮 土佐神社。
御祭神は
味鋤高彦根神(あじすきたかひこねのかみ) 大国主神の子。
一言主神(ひとことぬしのかみ)。

駅から徒歩15分くらい。

Simg_2395
桜門。

Simg_2396
広い参道。

Simg_2398
鳥居。

Simg_2400
秋葉神社。

Simg_2404
大国主神社。参拝。


Simg_2409
西御前神社。御祭神が未詳。参拝。

Simg_2407
事代主神社。参拝。


裏に回って、

Simg_2410 Simg_2411
御神木。

Simg_2413
つぶて石。

Simg_2414
神明宮。御祭神は天照大御神と豊受大御神。参拝。

Simg_2417
本殿。

Simg_2418 Simg_2419
大楠。

Simg_2423
輪抜け祓所。

Simg_2424 Simg_2425
厳島神社。参拝。

摂末社をたくさん参拝できた。


Simg_2447 Simg_2429
拝殿。造りがかっこいい。「入蜻蛉(いりとんぼ)」形式というみたい。

拝殿に上がることができます。(間違ってなければ)。

Simg_2435
ここで参拝。



さて・・・。
怪しいスピリチュアルな話になります。

木内鶴彦さんという方が臨死体験をしたときに、
過去に行って当時の大工さんの身体に入りこみ柱に「つる」と落書きをしたとか。
その柱がある神社が土佐神社。


Simg_2432 Simg_2433 Simg_2434
その落書きがないかなとそれとなくチェック。
見つからなかったけど古い柱の雰囲気が素晴らしい。

ネット上にはあるから気になった人は検索をしてみてください。



そういう話を「嘘だインチキだ」と思う人は多いと思いますが、
私は「そういうことがあるかもしれないね」と否定はしないタイプです。

宇宙レベルでいえば人間が知っていることなんてたかが知れているのではないかと。



Simg_2450
青空。晴れている日を選んでいるとはいえ雲一つない青空は気持ちがいい。



片道6時間かけて参拝するようになるとはなあ。
昔は全く神社に興味がなかったんですけどね。

「神社に呼ばれる」という言い方があるみたいですが、
これだけの青空になると気分がいいですね。


拝殿に上がることができる神社ということでポイントが高いです。

独特の拝殿の造りが印象的で素晴らしい神社ででした。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

2018年11月14日 (水)

生田神社

高速バスで三宮までもどりました。
神戸を歩くのは初めて。センター街で迷いました。

生田神社へ。
御祭神は稚日女尊(わかひるめのみこと)。

Simg_2375
鳥居。

Simg_2376
鳥居。


Simg_2378
生田弁財天 市杵島神社。参拝。
御祭神は市杵島姫命。七福神の唯一の女神とか。


Simg_2380
生田の森へ。

Simg_2379
かまぼこ発祥の地。へー。

Simg_2381
楠の神木。

Simg_2382
稲荷神社。参拝。


Simg_2386
拝殿で参拝。

HPを見たら社殿内に他の御祭神も祀られていますね。


Simg_2387
本殿で家族連れ(多分)が参拝していました。

Simg_2384 Simg_2388
桜門。


神戸の三宮があったから三宮という地名になったんですかね。
そういえば他に三宮という地名は知らないな。


一之宮巡りで地方の素朴な神社に行っているので、
大都市の中にある神社は不思議な感じがしました。


地元の人に愛されて観光客も多い神社というのが伝わってきました。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

«淡路国一之宮 伊弉諾神宮

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ